離婚不動産財産分与.com

「不動産一括無料査定サイト」で少しでも多くの評価額を手に入れる

不動産の評価額を手に入れる方法としてまず思いつくのは
不動産鑑定士に依頼して金額を算定してもらうという方法でしょうか?

 

但しもちろん不動産鑑定士に依頼すれば有料です。
それも結構な費用が掛かります。

 

一般的な家やマンションで30〜50万円。
物件価格が高くなればそれに合わせて不動産鑑定士への支払い金額も増えます。

 

離婚時の財産分与で使うためだけでまだ売ることになるかわからない、
ましてや自分が売主になるかもわからない不動産の価値を知るために
高額な費用を払うのはナンセンスです。

 

それにもまして不動産鑑定士の出す評価額は一つですから
私が実践した「状況に合わせて有利な評価額を使い分ける方法」では
役にたちませんのでもちろん私も利用していません。

 

安い不動産評価額,高い不動産評価額,不動産の評価額を手に入れる方法,不動産鑑定士に依頼して金額を算定してもらう,不動産の価値を知る,状況に合わせて有利な評価額を使い分ける方法,不動産一括無料査定サイト,複数の不動産会社が無料で査定,同じ物件なのに不動産査定価格が違う,一番自分に都合の良い査定価格,有利に財産分与を進める,有利に離婚財産分与を進める不動産評価額の使い方

 

私が利用したのは「不動産一括無料査定サイト」

 

@不動産査定エージェント
A不動産マンション売却.com
Bマンション売却、不動産売却のイエイ

 

という3つのサイトです

 

 

一度、夫婦が所有する不動産に関しての基本情報をフォームに記入して送信すれば
複数の不動産会社が査定してくれ、評価額、鑑定額を送ってくれるという
無料のサービスです。

 

不動産会社は一般的にレインズと呼ばれれる不動産売買価格データ共有システムを
利用している場合が多いのですがその不動産会社が当該地域に強いか?弱いか?や
査定担当者の裁量など様々な要因から結構と同じ物件なのに不動産査定価格が違ってきます

 

私の場合は上記の2サイトで「不動産一括無料査定」を行ったところ
7社分の査定を得る事ができ、その中から「一番自分に都合の良い査定価格」を
離婚調停、離婚裁判での不動産評価額データとして提出することで有利に財産分与を
進める事ができました

 

もちろんこの方法は協議離婚でも相手方を納得させるのに充分に効力を発揮します。

 

では最後の【第4章】で実際にどのように「不動産一括無料査定サイト」で
入手した不動産評価額データを使えばよいかを計算例を上げながら
説明していきましょう。

 

【第4章】有利に離婚財産分与を進めるための不動産評価額の使い方

 

■私が使った不動産一括無料査定サービス3社■

 

不動産査定エージェント

 

不動産屋さんをいくつも回るのは骨が折れますが、このサイトでは最大6社の無料一括査定を手に入れる事ができます。
入力時間はわずか1分。
複数の不動産会社から価格が出てきますので、あなたの物件の最高価格はもちろん最低価格も知ることができます。

 

プライバシーマーク取得企業【承認番号:10861207(04)】

 

スマホ用

 

 

 

タウンライフ不動産売買

 

信頼のある複数の不動産会社から離婚調停や離婚裁判にそのままの形ですぐに使える不動産売却価格査定書を【メール・郵送・FAX】のうち希望の方法で送ってくれますのでとても便利でした。
1分の一括依頼で複数社の査定を比較・検討できます。
参加不動産会社300社以上。
地元密着の地方の不動産会社も多く参加しているのである意味「バラけた」不動産売却価格査定書が手に入ります

 

 

 

 

マンション売却、不動産売却のイエイ

 

日本最大級の有力不動産会社1000社以上の体制で日本全国を網羅。
現在では既に利用者実績が150万件以上あるらしい。
6社の不動産査定書が無料で即日手に入りますので急いでいる方は特にオススメです。
顧客満足度97%

 

不動産査定